巨乳ならではのお悩み

巨乳にしか分からない、切実なお悩みはあります。
小さな胸のサイズで悩む女子からしたら、天然で胸が大きいのは、素直に羨ましい限りです。

 

男性にもモテそうですし、何かと得をする印象がありますが、胸が大きいとそれなりに悩みは尽きないのです。

 

真夏の楽しみは海やプールですが、水着のサイズ選びが大変です。
ビキニを選ぶ際には、上下のサイズを選ぶ時点で差がありすぎるのです。
胸は大きいものの、下半身は平均のサイズとなれば、水着売り場を変えて選ぶなどの労力も必要です。

 

同じようにブラジャー選びも大変なことであり、季節の新作の下着などは、まず簡単にはサイズは見つかりません。
ブラジャーはサイズから選ぶしかなく、しかも大きいのでフルカップでないとなりません。
デザインの可愛い下着を欲しいというのは、胸が大きいとかなりハードルの高い買い物になります。
サイズから選ぶので、デザインは後回しということになります。

 

谷間が見えるのも悩みの種に

 

巨乳ならではのことですが、開きのある洋服を着用すると、自然に谷間が見えることがあります。
決して技としているわけでもなく、胸元が大きく開いた洋服というわけでもないとしても、谷間ができてしまうので、反感を持たれて困るシーンもあります。

 

首までしっかりカバーの洋服は、巨乳にはあまり似合いません。
胸が大きいだけに、首が詰まった服を着ると、太って見えるからです。

 

ブラウスを着用すると金は、ボタンが閉まらないというハプニングもあります。
特に制服は困りものであり、会社の上下に分かれた制服は、オーダーメイドをする羽目になることさえ、可能性としてあります。

 

ファッション選びも大変であり、ふわふわしたキュートなチュニックを着用すると、可愛いはずが太って見えてしまいます。
フィットした洋服を着ると、今度は周囲からの視線を感じるので、それが大きなストレスになります。
胸が大きい女子は、バストを抑えなければ、足元が見えないという悩みもあるのです。